横浜の援助交際で元ギャルと13000円で生セックス!福富町で今から待ち合わせできる援交女探し!

横浜の援助交際で元ギャルと13000円で生セックス!福富町で今から待ち合わせできる援交女探し!

東京からマジでプチトリップ!!久々の横浜出張を命じられました!!鬼嫁から やっと開放されました!!
最近マジでED気味だったムスコも、ニューシティーって聞いた事ないビジネスホテルにチェックインすると、急激に元気を取り戻しました(笑)
当然やるのは「援交」希望の女探し。
お約束のデリヘルじゃないってのがポイントです。
僕はあくまで「本番」希望っすから(笑)チンコをベッドに押し付けながら、YYCで探してみました(笑)

援交画像

こんな事をしているのは、日本でも10人程度しかいないでしょう(笑)
その女は関内駅周辺の某歯医者で歯科助手をしてるって、32才の独身女でした。
写真は真木よう子って感じでしたが、若干エラが気になる顔。
でも、15000で即ハメ出来るってのが他に現れなかったので、彼女に決めました。
どうせいいのです、だって僕は横浜に1週間も滞在出来るのですから!あくまで出会い系の前哨戦って感じです。


女の画像

実は僕の宿泊しているビジホは福富町でして。
彼女の職場からは微妙に近かったのです。
だから、待ち合わせは僕のビジネスホテルまでやってきてくれる事になりました。
正に「素人デリヘル」って感じです。
普段はこちらが相手の要望に答える感じになりますが、いい人全開じゃないっすか?(笑)
「昔はギャルだったんだよ?」と自慢してましたが、今ではf通の人ッて感じです(笑)エラは髪の毛のお陰で気になりませんでした。
デカイなぁ、と思っていた目ですが、単なるメイクの効果でした(汗)
それ程美人じゃないって分かると、とたんに下劣に扱う僕です。
「ちょっと舐めてみて」等と全て注文しまくり、指示しまくりです(笑)マジでいい人なのか?従順に従ってくれます。


援助

特に良かったのが「69」です。
ベッドに横になったままで彼女が上へ。
ヴァギナが丸見え、ついでにアナルも。
そこへツバをタップリと付着させた指を挿しこみました。
「ぎゃ!」と一瞬こわばらせた彼女。
「痛い?」って聞いてみると「大丈夫」って言ったから、更に挿しこみました。

正直、痛かったと思います。
が、ゆっくりと拡張してあげると「はぁ・・はぁ・・」と吐息が激しくなってきます。
そのまま「ズブブブ・・」と挿しこむと、肛門の中で何かが接触しました。

「も、、もしや!」と思ってニオイを嗅ぐと「ミソ」でした(笑)途端にアナルの拡張は中止して、普通にチンコでオマ◯コを開発する事にしたのは、言うまでもありません(汗)まぁ、穴掘りもほどほどに、、って事ですね。

福富町 で援交女を探すなら



最近ハメた援交体験記です

援交女プチ援で待ち合わせてビルの共同トイレでフェラだけの予定でしたがユルイ感じの女子だったので部屋に誘ってみれば最後までヤレちゃったエロい女でした。ハメ撮り成功です♪

フェラ募集の援交人妻



関連記事一覧

  1. 人妻の援交相場表
  2. 人妻はサービスが愕然と違う
  3. 美人妻をナンパしよう!

最近の援交潜入レポート

売春女パチンコ好きな売春シングルマザー
パチンコに負けて援交で待ち合わせしてる彼女。問題は友達が子供預かってる間にラブホで売春してるってことね(笑)


新宿でタダマンタダマンできるパターン
一部の女子は援交を一種の「お仕事」にしていますし、素人さんの中には海外旅行費を稼ぐために援交をしている方もおられます。でも、中には単純に「ものすごくエッチ好きなだけ」っていう女子もいるんです。


出会いカフェ出会いカフェの援交女子にヤリ逃げ
出張先の大阪で「出会いカフェ」に行ってきました。みなさんもご存知の通り、出会いカフェというのは「素人風女子を集めた一種の風俗店」です。プライベートルームに入って女子を呼びだせばそれだけで課金されますし、女子を店外に連れ出すにもお金がかかります。しかしヤリ逃げできました!(笑)




福富町 の援交情報

福富町 で援交で募集している女性の投稿を見ていると相場はこんな感じでした。12K〜15Kで車内フェラは4K〜5K、手コキで2K〜5K、下着売りは2K〜5Kでの募集が多かったです。中には8000円っていう投稿もありました。主婦ですけどね。待ち合わせは日ノ出駅前のアポが数件あり。この辺りがスポットなのか?近々、地元の人に聞いてみます。

ハッピーメールのクチコミを調べてみました

同じおばあちゃん子の彼のことがもっと知りたくなった
ハッピーメールで知り合った男性のことです。彼はUさんといって、神奈川の福富町付近に住んでいる大学院生でした。大学院生とはいうものの、けっこう老け顔で大人っぽく見えました。彼とは日ノ出駅のほうにあるイタリーノという店で初めて会うことにしました。メールをやり取りしている時からマメな人だとは思っていたのですが、彼と食事をしている時に驚くようなことがあったのです。それは、私の指のささくれがお皿を持った拍子にむけてしまったことがきっかけで起こりました。イタッ!といった私に彼は素早く対応してくれて、絆創膏を出してきてくれたのです。「男の人なのに、絆創膏を持ち歩いているなんて珍しいですね」と言ったところ、彼は自分のバッグの中身を見せてくれました。整頓されたカバンのなかには、いろんなものが詰まっていました。財布や文庫本といったもののほかに、なんと頭痛薬・胃薬・メガネ・折りたたみ式のブラシ・小さなハサミ・目薬・絆創膏・ソーイングセット・のど飴・ポケットティッシュなどが詰まっていました。もしかして神経質なのかな?と思い理由を聞いたところ、「僕は子供の頃おばあちゃんに預けられていた時期があって、そのせいです」と言われました。「おばあちゃんみたいでしょ」と笑う彼の笑顔に、なぜかキュンとしてしまったのが始まりです。私自身がおばあちゃん子だったために、なんだか同じような感覚を感じたのだと思います。それ以来、彼と交際するようになりました。